​商標出願登録支援および事前準備ご導入ピジョン株式会社様

海外での商標出願、申請手続に関わる書類の準備や、海外代理人への連絡等、
総合的にご支援させていただいております。ご担当の福安様にお話を伺いました。

ピジョン株式会社 経営戦略本部 法務部 知的財産権グループ 福安純平様

弊社は海外商標を出願する際の準備も含めて、GMOブライツさんに様々なことを依頼しております。

私としては、よくある“問い合わせセンター”による対応や、弁理士先生が直接窓口をされるスタイルより、GMOブライツさんの一人の担当者が窓口となる”担当営業スタイル”がとても便利だと感じています。常に弊社の状況を把握してくださっている方の存在があることはありがたいです。

弁護士・弁理士の先生が直接窓口となる場合は、どうしても直接伝えにくいことも出てきてしまいますが、担当営業の方が間に立ってくださることで疑問点や些細なことも気軽に相談できます。他にも担当営業の方を設けている会社はありますが、GMOブライツさんでは手続に関する相談以外にも、コストや特殊な社内事情の相談等も担当営業の方が前面に立って調整をしてくださる為、とても仕事がしやすいです。

何よりも、出願国や出願区分等、様々な出願条件を社内で決めた上で行う特許事務所への依頼とは異なり、出願の「芽」の段階からいっしょに相談をして進めていける点は、他事務所とは異なるGMOブライツさんの特徴であり、とても心強い存在だと思っています。

弊社には「Pigeon Way」というものがあり、経営理念も含め、会社の事業活動や私ども社員のひとつ一つの仕事の考え方や行動のベースになっています。この「Pigeon Way」は日本国内・海外も含めたグループ全社において共通ですが、全社的にこれが浸透していることで、言語が違っても同じ判断軸で物事を考えることが出来るのが、ピジョングループの強みだと思っています。ビジネスを進める上で、それぞれの事業部が求めてくる内容も、その「Pigeon Way」に則って考えられたものであり、だからこそ出来る限り知財部門として事業部の要求にはNGを出さないよう、各事業部の想いを汲み、我々自身も「Pigeon Way」のもと検討して進めて行けるようにしなければいけません。そのため、検討段階から相談出来る関係性をGMOブライツさんと築けていることが本当にありがたいです。

また、担当営業の方と、海外代理人との連絡役である業務担当の方々の連携も柔軟で助かっています。担当営業の方が器用に立ち回って、業務部門の方がスピーディーに対応し、結果、その先の海外代理人コントロールがスムーズになっているようにお見受けしています。たとえ何か問題が起きても、当社も海外代理人も双方が納得するよう、意図を汲んでひとつずつ紐解く働きかけをしてくださっています。

弊社から何かをオーダーして終わりというわけではなく、弊社とGMOブライツさんとでしっかりと反省点・改善点を話すことができるので、お互いが次につなげ成長できるいい関係が築けていると思っています。

GMOブライツコンサルティングでは、単なる出願・登録作業のご支援だけではなく、出願の検討段階からご支援することでリスクの低減やブランド価値向上に寄与したいと考えております。

国内外の出願をご検討されている企業様お気軽にお問合せください