2024年度 人工知能学会全国大会(第38回)に当社が出展!

人工知能学会は、人工知能に関する学際的な研究を促進し、産業発展に貢献する目的で設立された日本の学会です。1986年に発足し、現在約5,200名の会員を有しています。
活動内容としては、人工知能学会誌の発行、全国大会や国際ワークショップの開催、研究会やセミナーの実施などがあります。

企業のSNSのなりすまし対策とは?なりすましのリスクと防止対策

現代のコミュニケーションの主要手段としてSNSが浸透する中、企業アカウントのなりすましが社会問題となっています。これにより、企業の信用失墜や顧客からの信頼損失など、取り返しのつかないダメージを受けるケースが増加しています。

【ドメインニュース】オンライン詐欺の罠を見抜く方法は?!米Yahoo!メール認証基準変更(2024年4月号)

BRANDTODAY byGMOでは、皆様に最新の情報をお届けするためにドメインニュースを配信しています。

今月号の注目ポイントは、この3つです。
1) ブランド保護の専門家がオンライン詐欺の罠を見抜く方法を大公開!
2) Gmailの認証基準変更に続いて米Yahoo!社もメール送信者のガイドライン変更を発表!
3) SNS上での投資勧誘詐欺被害が急増!
これらの重要なトピックについて詳しく説明し、皆さんに正しい情報を提供することを心がけますので、どうぞ最後までお楽しみください。

企業のブランド価値を高めるには?ブランドTLD取得のメリット

新gTLDのプログラムが2012年にリリースされて以来(ファーストラウンド)、新しいドメイン名の種類が大幅に増加し、現在では全体のドメイン件数の約10%を新gTLDが占めるまでに成長しました。
本記事は、ブランドTLD、ブランドTLD取得方法、新gTLDの現在の利用状況について解説いたします。

Google/メール送信者ガイドライン厳格化による企業の取り組みは?DMARCレコード設定の実態調査をしてみた。

Googleは2023年10月にGmail宛メールの新しい送信者要件を発表し、2024年2月以降適用されることを明らかにしました。これに伴い、企業のDMARCレコード設定の実態調査では、国内企業は75%、海外企業は93%がDMARCを設定していることが明らかになり、Gmail規制がメールセキュリティ強化の後押しになっていることが示されました。

【ドメインニュース】今話題の「Temu」について解析&日本の地方自治体のなりすましサイトが続出(2024年3月号)

BRANDTODAY byGMOでは、皆様に最新の情報をお届けするためにドメインニュースを配信しています。現在、アメリカ市場を席巻している中国発のECサイト「Temu」についてご紹介します。また、3月は最初のドメインが誕生した月と言われています。他国から日本のドメインが狙われるなど、新たな脅威も浮上しています。今月号も豪華2本立て、ぜひ最後までご一読ください!