【受付〆切ました】国内大手企業のドメインマネジメント事例と、これから求められる担当者の実務【4月16日Webセミナー】

4月16日(木) 16:00~17:30 →(満員御礼!) 
参加費:無料   お申し込みはチラ →〆切ました
(お申込み後に視聴用のURLをお知らせいたします)

既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。 Webセミナーなので、オフィスから会場まで外出することなく、また在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。まだご検討中のお客様も、この機会に是非ご参加ください。

(4月10日現在、予想を超えるお申込をいただき、満員にてお申込みを締め切らせていただきました。4月23日(木)13:30より再度開催いたします)

※ご準備いただくもの
 ・P.C.もしくはスマートフォン
 ・イヤホン

【ドメインネームはデジタルブランド資産です】

・危機感が伝わらず、ドメイン管理にかける時間や予算の確保が難しい
・一元管理しようとしても他部門・子会社は協力してくれない
・上司、経営層がドメインマネジメントの重要性や必要性をまだ知らない
・具体的なリスクについて自分も実はあまり知らない
・ドメインネームは安価なので管理も軽く考えている
・自社でドメインネームを確かたくさん持っているが内訳はだれも記憶にない

ドメインネームの取得や奪還のご依頼を下さるお客様に、背景や普段の管理体制に関してお話しを伺っていると、上記のような不安やお悩み、実務上の課題を抱えていらっしゃるご担当者様が少なくありません。

ドメインネームの管理は、権利的な側面だけではなく、技術的な側面も多く含むことから、担当する部門を明確にできないなど、特殊な領域ともいえます。このような特殊性から他部門や上司、経営層にドメインネームマネジメントの重要性や必要性を理解してもらうのが難しい のが実情です。

一方で、紛らわしいドメインネームを悪用されないように適切に管理することは、 顧客や株主、従業員といった直接のステークホルダーだけではなく、広社会的責任を負う企業の義務ともいえます。この管理が杜撰であったことで、フィッシング詐欺被害が拡大すれば、企業のブランドには大きな傷が残るでしょう。

本セミナーでは、自社・グループ会社全体の知財・ドメインネーム・ブランドを統括管理してきた経験のある講師が、同様の課題を乗り越えてきた自身のこれまでの経験談を交え ”上司や経営層に響くドメインマネジメント”を行えるようなヒントを提供 いたします。

【タイムテーブル】

16:00〜17:20【セミナー本編】(1時間20分)
17:20〜17:30【予備】(10分)
※お申込み後に視聴用のURLをお知らせいたします。
※ご質問はセミナー終了後にメールにて受付させていただきます。

【講師プロフィール】

網野圭亮(あみのけいすけ)

2019年7月までソフトバンクグループ株式会社に在籍し、知財グループマネージャーとして、ソフトバンクグループ全体の知財業務を統括。2019年8月から当社の経営企画本部長。前職では、知財業務だけではなくブランド業務も行い、その中でグループ会社を含めたドメインネームマネジメントや不正ドメインへの対応を多数経験。

【参加お申込み方法】

以下ご記載の上、consul@brights.jp(セミナー受付担当)までEメールでお申し込み下さい。

-貴社名
-所属部署
-役職
-お名前
-メールアドレス ※お申込み完了メールの宛先が本メールと異なる場合
-電話番号

もしくは、以下のリンクよりチケット(無料)入手ご登録ください。

4月16日(木) 16:00~17:30 →(満員御礼!)  
参加費:無料   お申し込みはチラ →〆切ました
(お申込み後に視聴用のURLをお知らせいたします)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください