ブランドセキュリティって何?ブランドの安全を考える上で知っておきたい3つのポイント

人々の生活、行動、嗜好が大きく変化しているコロナ時代。
特に、商品やサービスの提供が、リアルからバーチャルへと大きく動いています。


ブランドのあり方も、従来の『リアル偏重』から『バーチャル重視』へとシフトしています。
その動きでの中で、ブランドを守る方法も『ブランドプロテクション』から『ブランドセキュリティ』へと変化していけないといけません。


この記事では、『ブランドセキュリティ』とブランドの安全を考える上で、必ずおさえておいてほしい3つのポイントを解説します。

ポイント1:『ブランドプロテクション』と『ブランドセキュリティ』の違いは?

『ブランドプロテクション』と『ブランドセキュリティ』の違いを理解し、『ブランドセキュリティ』という概念を社内に伝え、様々な施策を実行するためには、『セキュリティ』とは何か?について理解することが、一番の近道です。

『セキュリティ』というとまずピンとくるのが、情報セキュリティだと思います。
しかし、情報セキュリティ以外にも、「ホームセキュリティ」や「ナショナルセキュリティ(国家安全保障)」などという使い方もされます。

反対に『プロテクション』という言葉。

なんとなく「守る」という意味なのかなあ、という程度であまり日本では馴染みはないのではないでしょうか?ちなみに、『ブランドプロテクション』は模倣品対策のためのホログラム技術などに使われますね。

では、『セキュリティ』と『プロテクション』の違いは何でしょうか?

『プロテクション』は具体的なものを守るという意味合いです。
一方、『セキュリティ』が守る対象は実体のないもの、と考えて良いと思います。

え?「ホームセキュリティ」は家、「ナショナルセキュリティ」は国家を守るのではないの?

そうなんです。でも、
「家」ってなんですか?
「国家」ってなんですか?
これは哲学的というか抽象的な問題ですよね。

実際に家を守っているのは「鍵」とか「監視カメラ」。国家を守っているのは「国境警備隊」であったり「諜報機関」だったりするわけです。

つまり、『セキュリティ』とは
「(抽象的な)守りたい対象を安全な状態(セキュア)に保つ」という行為なわけです。

以下に比較図を書きました。

プロテクション(手段)セキュリティ(目的)
鍵、監視カメラホームセキュリティ
国家国境警備隊、諜報機関ナショナルセキュリティ
ブランド模倣品対策(ブランドプロテクション)、
商標管理、ドメイン管理、ウェブサイト監視、
SNS監視、風評被害対策
ブランドセキュリティ

つまり、プロテクションは「セキュリティ」というゴールを実現するための「道具」なんですね。

セキュリティという目的のためには、様々な手段を駆使する必要があります。
そして「手段自体が自己目的化してはならない」というのは何事にも言えることですよね。

ポイント2:ブランディングとブランドセキュリティ

よくブランディングとは全社的な活動だと言われます。

会社運営、製品開発、マーケティング、人材育成、様々な部門でブランディングは必要になってきます。

しかも、「ブランド」というとあやふやで、人によって理解が違っていたりするものを、全社で共通した理解を醸成し、それを実行に移してもらうのは、とても大変なことです。

したがって、「ブランド部門」の人たちは、「当社のブランドは?」ということを考えるだけでなく、そのブランドを実現するための具体的な施策を立案し、各部門に配布し、しっかりと実現できているかをチェックする。そういうことを行っています。

この「ブランドを実現する」ことをブランディングと言います。

「ブランドセキュリティ」も似たような構造だと考えて下さい。

「ブランドセキュリティ」のための具体的な「手段」は以下のようなものがあります。

商標権の獲得と維持

「ブランド」のために国内外の商標を取得し、適切に維持するのはもっとも基本的かつ専門的な分野です。

ドメインマネジメント

ドメインは商標に比べて簡単に取得ができます。簡単に取得できるがゆえに、各部門がそれぞれ取得し、時によっては廃棄します。また情報セキュリティレベルがしっかりしていないと、ドメインハイジャックなどの危険性があり、「ブランド」を危険に晒します。

模倣品・模倣サービス・模倣アプリ対策

商品の流通が国際化、インターネット化するに従い、ブランドの模倣、ブランドのフリーライダーの数は増え、その手段は多様化しています。

従来は、知財部門やリスク管理部門・法務部門などが担当していましたが、手段がIT化されていく中で、情報セキュリティ部門との連携強化は必須です。

風評被害・炎上対策(レピュテーション・コントロール)

SNSなどネット上での風評被害の深刻度が年々高まっています。
従来は、SNSということで主に広報部門が担当しているケースが多いように見受けられますが、SNS上の被害の把握や沈静化のためには、情報部のみならず、法務部門などとの連携も必要になります。また会社イメージに直結するようなリスクの場合は、経営陣も巻き込んだ対策が必要になります。

このように「ブランド」の安全を守るためには、知財部門、情報セキュリティ部門、マーケティング部門などの部署を横断して、情報と専門知識を共有し、連携して進める必要があります。
大変な時代になりましたね。

GMOブライツコンサルティングでは、「ブランドセキュリティ」に関する講習会やコンサルティングをご提供しています。

>>お問合せはこちら(ブランドセキュリティについて講習を受けたい)

ポイント3:ブランドを守る「組織」と「サービス」

では、「ブランドセキュリティ」を実現するためには、何が必要なのでしょうか?
筆者は、大きくわけて、「組織」と「サービス」が必要だと思っています。

上記のとおり、「ブランドセキュリティ」は多くの部門と多くの専門知識が、密接に互いに関わっています。これを実現するためには、「ブランド部門」設置と同じく、統合的に「ブランドセキュリティ」を実現する、「ブランドセキュリティ部門」の設置が重要と考えています。

また、部門だけでなく、ブランドがかかわる子会社などを有するグループ企業群にとっては今や「必須」の課題だと考えます。

このように、「ブランドセキュリティ」は高密度な組織であり、これを新規設置するには高度な経営判断が必要とされます。

具体的には以下の設置ケースが考えられます。

ブランド部門の内部組織として結成

もしすでに、ブランド部門が存在し、全社的なブランディングを実現できているのであれば、ブランド部門の中の組織として「ブランドセキュリティ」専門チームを発足させるのが、適当でしょう。

その際は兼務でも構いませんので、知財部門、広報部門、法務部門などの専門家・実務家をできるかぎり集めておいたほうが良いかもしれません。

知財部門の内部組織として結成

商標などは知財部門で管理しているが、全社的な「ブランド部門」は存在しない。
「ブランド」は経営陣と広報、マーケティング部門が都度対応している。

このような場合は、知財部門の中に、「ブランドセキュリティ」専門チームを発足させるのもひとつのケースだと思います。

同じ「ブランド」を扱うにしても、マーケティングと「ブランドセキュリティ」では、観点や専門性が大きく異なります。

独立した「ブランドセキュリティ」部門を結成

ブランド部門も存在せず、また商標などの知財も総務部や法務部が都度対応している。
そのような組織である場合は、思い切って経営陣直属の「ブランドセキュリティ」部門を設置するのも良いかもしれません。

「ブランド部門」も「ブランドセキュリティ部門」もないのに、いきなり「ブランドセキュリティ」を作るのか?とお考えの向きもあるかもしれませんが、「ブランドセキュリティ」は「情報セキュリティ」と同等の経営リスク管理タスクフォースであり、「ブランドセキュリティ」から「知財」「ブランディング」の専門家を育成することも可能だからです。

GMOブライツコンサルティングでは、「ブランドセキュリティ」の組織構築に関するご相談を受け付けています。

>>お問合せはこちら(ブランドセキュリティ組織を作りたい)

「ブランドセキュリティ」のためのサービス

財務会計や業務管理。最近は人事労務や法務に至るまで。
DXの掛け声とともに社内に様々なサービスが導入されていると思います。

「ブランドセキュリティ」も同様に、「ブランドセキュリティ」のための専門サービスを導入するとしないとでは、その効果は大きく異なります。

しかしながら、従来のサービスですと、各部門に加え、弁理士、ドメインレジストラ、弁護士、専門業者など多岐にわたる内外の組織とのやりとりを、一元的に把握・管理するのは至難です。

GMOブライツコンサルティングでは、弁理士・レジストラ・弁護士・その他専門業者とのコミュニケーションを一元的に管理し、各種権利情報を一覧できるサービスを提供しています。

ブランドセキュリティのためのサービス「BRANTECT」は無料でのお試しが可能です。

>>お問合せはこちら(BRANTECTをテスト利用したい)

最後に

途中かなり宣伝が多くなり、失礼しました。
ただ「ブランドセキュリティ」というコンセプトが重要であることは、おわかりいただけたかと思います。

おそらく、50年前に「ブランド部門」というと、「なぜそんなものが必要なのか?」と言われたと思います。

20年前に「情報セキュリティ部門」というと、「そんな諜報部門みたいな物騒なものはいらないよ」と言われたかもしれません。

現在筆者は各所で「ブランドセキュリティ」の重要性を話しています。
しかし、僅かな人(残念ながら経営者のような人も含めて)しか、「いいね」と反応が返ってこないのが現状です。

この記事を読んでいただいて、「ブランドセキュリティって、実は重要なんじゃないか」という人が一人でも多く増えることを願います。

〈ライター〉
GMOブライツコンサルティング株式会社
山下 寿也(やました としなり)